障害者総合支援法にて補装具製作・修理の手続き等
身体障害者手帳を所有し、介護保険の対象ではない方は、原則、見積りの1割負担で車椅子等の補装具費の支給を受けられます。(国の定める基準額を超えた場合は、超過分 + 1割が負担額になります。)各市区町村に申請後、医師の診断等を受け、更生相談所の判定・意見に基づき、支給決定されます。
・ まずは利用者様から市区町村窓口へ補装具の制作(修理)
  の申請手続きを行っていただきます。
・ 更生相談所又は相談所指定の機関にて医師の診断を
  受け頂き、意見書等を発行していただきます。
・ 更生相談所の判定・意見により支給の可否が決定されます。
・ 各市区町村から支給の決定通知等が郵送で送られてきます。
・ 支給決定後、ただちにご依頼内容の商品の手配を開始いたします。
  お手数ですが通知書等が届きましたら
  弊社担当営業までご連絡頂ければと思います。
・ 更生相談所、又は相談所指定の機関にて補装具の適合判定
  が行われます。(書類のみの判定の場合もございます)
・ 適合判定にて適合を認められた後、納品となります。
労働者災害補償保険法にて補装具製作・修理の手続き等
労災保険(労災)とは、労働者災害補償保険法に基づく制度で、傷病等の原因が職務上の場合で、労災から職務上の認定がされている場合は、労働基準監督署に車いすの支給申請ができます。また、支給された車いす等が壊れた場合には修理が受けられ、一定の耐用年数を超えた場合には、新たに支給されます。
・ 労災から認定を受けた医師に補装具制作の
  診断書を発行して頂きます。
・ 申請される方の管轄する労働局長に
  申請書を提出して頂きます。
・ 労働局長から 補装具制作・修理の認可が
  承認書 として郵送で送られてきます。
・ 承認書(請求書含む)を業者に提示し
  補装具制作・の依頼をしてください。
・ 補装具の制作・修理を開始いたします。
・ ご注文の補装具をおとどけします。
ご不明な点等があれば、弊社にお問い合わせください。